平成20年1月3日(木)  快晴
神成山・貫前神社・光明院
321m/ - m/ - m

【 ル ー ト 】

  上信鉄道 高崎駅(9:47)⇒(10:36)南蛇井駅(10:40)→(19)大サボテンの家→(2)新堀神社→(18)吾妻大明神→(10)打越の御嶽さん→(3)打越の御嶽さん→(7)宇芸神社跡→(21)神成山→(16)姫天狗→(2)宮崎の御嶽さん→(6)西中入口→(30)貫前神社→(15)(14:20)上信電鉄 一の宮駅(14:51)⇒高崎駅(15:35)
  歩行時間:2時間29分、駐車場:高崎駅前の有料駐車場 400円/日、上信電鉄 1日フリー切符1300円、三角点:神成山 三等「神事谷」  

【 メ ン バ ー 】

2人(フー、オクサン)


 【大サボテンの家】
 この日は、初詣を兼ねた『駅からハイキング』と云う事で、上信電鉄の南蛇井駅から一の宮駅間の神成山ハイキングコースを歩く。南蛇井駅から一般道を進むが、要所要所に標識があり、迷うことなく進むことができる。山に入る角の家に二階建ての屋根に届くほどの「大きなサボテン」がある。

 【新堀神社】
 サボテンの家を後に細い道を進むと郷社らしい「新堀神社」が鎮座し、ここが山への入口でもある。

 【大桁山と鍬柄岳】
 擁壁などで使うコンクリートブロックで階段を整備しているため、段が高く歩きにくい登りを進むと稜線の末端に出る。そこから、ドッシリした大桁山と石槍のような鍬柄岳が望める。

 【吾妻大明神】
 神社から約20分の登りで、一つ目の頂である「吾妻大明神」に到着。古そうな石祠が数基並んでいる。

 【打越の御嶽さん供
 さらに一つアップダウンすると、石祠のある「打越の御嶽さん機廚防佞、その先にもう一つの「打越の御嶽さん供廚現れる。打越は小字程度の地区名を表し、打越地区には御嶽さんが二箇所祭られたたと云う事のようである。

 【神成山】
 宇芸神社跡の頂と、無名の頂を二つ越すと神成山頂である。結構な広さを持った頂である。天気も穏やかで小春日和のようなので、一休憩してから山頂を後にする。

 【姫天狗からの遠景】
 ほぼ下りの中で、唯一岩が露出している「姫天狗」。見晴が良く吉井から下仁田に至る山並みが一望できる。
  

 【宮崎の御嶽さん】
 天狗から2分程度で、「宮崎の御嶽さん」になり、宮崎城址の空堀跡を見ながら西中の神成入口に出る。

 【貫前神社】
 西中から一般道を歩きながら、上野国の一の宮「貫前神社」を目指す。約30分程度で神社に到着。露店も立ち並び、参拝者多く賑わっている。

 【群馬自由民権碑】
 神社から一の宮駅に向う。約15分で到着するが、電車の到着時間まで時間があったので、近くの光明院に行ってみると、「群馬自由民権碑」があり、秩父事件に触発され群馬で民権運動がこの地で発祥したとのことであった。
 臨時便があり、予定した時間より早く乗れ、高崎まで帰ることができた。


  今回の歩きで見かけた花を『山の花々08-1』に掲載しています


  

inserted by FC2 system