平成20年6月15日(日)  快晴
尾瀬ヶ原 1400m

【 ル ー ト 】

   鳩待峠(7:29)→(57)山の鼻→(39)牛首→(34)ヨッピ吊橋→(30)竜宮→(28)見晴(11:06,12:01)→(25)竜宮→(37)牛首→(32)山の鼻→(22)尾瀬植物自然見本園(一周)→(59)鳩待峠→(15:15)
   歩行時間:6時間3分、戸倉駐車場:100以上 1000円/日、トイレ:有り

【 メ ン バ ー 】

家 族(フー、オクサン、ナオクン、リエチャン)


 【鳩待峠】
  今年初の尾瀬、雲一つ無い絶好の日、家族で尾瀬散策

 【林内ルート】
  鳩待から山の鼻へ、緩やかな下りのルート、帰りにはこれがきつい登りに変わる

 【山の鼻】
  8時30分、既に大勢のハイカーで溢れている

 【至仏山】
  山肌に残雪残る至仏、緩やかに山裾を広げ秀麗な山体は、花の山の名に恥じない

 【木道機
  一直線の木道、

 【池  塘】
  池塘の植物は、まだ目覚めていない

 【ヨッピ吊橋】
  

 【竜宮小屋】
  

 【見晴と燧ヶ岳】
  前方に燧をバックに見晴(下田代十字路)、今日の最終目的地、あと一息

 【景鶴山】
  尾瀬ヶ原の北側に見える景鶴、頂上部の独特な岩峰が特徴、残雪期にしか行けない山

 【燧ヶ岳】
  尾瀬ヶ原から見る燧、こんなに良く見える日にあたるのは、珍しい

 【三  又】
  休息する人で溢れている

 【尾瀬植物自然見本園】
  立金花が木道脇を埋める、中々雰囲気がある


  

inserted by FC2 system