平成18年8月12日(土) 晴一時雨
早池峰山 1914m

【 ル ー ト 】

 河原坊(10:50)→(75)頭垢離→(6)打岩→御座走り→(12)千丈カ゛岩→(17)早池峰山(13:25,13:47)→御田植場→(25)五合目御金蔵→(58)小田越→(31)河原坊(15:41)
 
歩行時間:3時間44分、駐車場:河原坊50台程度、トイレ:有り、三角点:一等「早池峯」  

【 メ ン バ ー 】

単       独


  早池峰は岩手の名峰、花の山で一度は出かけて見たい山で、この年青森の実家へ帰る途中立ち寄ることにした。11日は帰郷渋滞が一番凄い日のようであるが、夜も遅いのでかなり混雑が解消しているのではと出かける。ところがどっこいで、佐野インターから東北道に乗ったとたん渋滞に巻きこまれる。この渋滞でかなり時間が取られ、予定の紫波インターには9時半過ぎに着く。ここから登山口の河原坊へは10時半過ぎに到着する。
  
準備後、河原坊登山口(写真)で登山帳に記帳し10時50分に歩き始める。コメガモリ沢沿いの登山道を歩き始めると、下山してきた方と行き会うが、5〜6時間の行程と教えていただく。水量の多いコメガモリ沢沿いルート(写真)は快適であり、千手岩・玉川杜鵑や味曽川草などが咲いている。沢を二度ほど渡り徐々に標高を高めていく。周辺の樹木も何時しか少なくなり、岩場が多くなって来る。ほぼ森林限界付近(写真)で、私より少し早めに歩き出した富山から来たご夫婦に追い着き追い越す。
  
このあたりから上部を見てもまだ山の全容(写真)が望めない。高嶺撫子のピンク色の花が目立つようになると殆んど岩場の急な登りとなってきた。団体さんが下って来たのであとどの位ですかと尋ねると「まだまだ序の口ですよ」と云われ、がっくり来てしまった。ただ、南部虎の尾や梅鉢草、そして白い細葉爪草などが咲いていて、疲れを癒してくれる。
  
東側を見ると緩やかな尾根(写真)が連なり、登山者が歩いているのが望める。向こう側はなんとなく楽そうに見えるが、目の錯覚だろうか。やはり、昨日からほとんど寝ずにここまで来た疲れが、体だけでなく気持ちにも現れている。とに角登るしかない、重い体を引きずるように岩場のルートを進む。後方には薬師岳がどっしりと樹木に覆われた山体を見せ、また、ルート上に紫の高嶺平江帯の花が見られるようになり、さらに赤い唐打草(後で南部唐打草とわかる)も咲いている。そして白い早池峰薄雪草を見つけると、写真に収めるのが忙しくいつしか疲れも忘れていた。
  
さらに急な登りが続くようのなり、ヒョコンと突出した打岩(写真)に到着する。打岩から少し登ったところで、小田越ルートから下ってきた女性が休憩していたのでお話しする。小田越ルートの方が登りやすいこと、昨日この辺もかなり雷が鳴ったようであることなどをお聞きする。息を切らしながら最後の踏ん張りと考え、岩場の急登を登りあげ、御座走り岩を過ぎると直に早池峰山頂であった。ここまで約2時間半の行程であった。
  
山頂は、早池峰山奥宮(写真)と避難小屋(山小屋に掲載)があった。風景等の写真を撮っていると、南側から急激に雲が流れ込んで、あっという間にガスってしまい、さらに大粒の雨も降り始めてしまう。急ぎ避難小屋で雨宿りするが、雨は止みそうにないので、雨具を付け小田越ルートで下ることにした。
  
雨に濡れた蛇紋岩は滑りやすく、十分足元に注意して進まないと危ない。少し下ったところに木道が整備された御田植場を通ると、北四葉塩竃が群落を作っている。土砂降りに近いため、カメラも出せずそのまま通り過ぎる。難所であるクサリ場とハシゴを過ぎ一安心した途端、一枚岩の上ですべり転倒する。幸い膝を庇うように足を伸ばした状態で前のめりで手を突く。しかし軽く左膝を岩に擦るように打撲したが、歩くには問題がなかった。
  五合目の御金蔵
(写真)に下った辺りで雨が止み、雲の切れ間から日も射して来た。御金蔵から下部(写真)を見ると岩場がまだまだ続き、足腰に応える下りになりそうである。足もとの岩に注意しながら、一心に下りに専心する。少し大きめの岩がゴロゴロする場所(写真)に到着するが、ここがほぼ森林限界付近であった。この大きな岩を沢石を飛び跳ねるように進むと、何時しか森林の中の道に変化する。
  
湿っぽい道脇には、蟹蝙蝠などの花が咲いている。不意に目に飛び込んできたのが白い小さな花を付けている蟻通し蘭を見つける。大水上山以来の再開である。整備された木道(写真)になると小田越登山口は近い。登山口(写真)には大きな石碑があり、周辺に数台程度であれば車も駐車できそうである。この後、河原坊登山口まで舗装された道を進み、今回の山行が終了となった。
 
今回、山歩きで見かけた花々は『山の花々06−2』に掲載しています。


ル ー ト 上 の 風 景

河原坊登山口

河原坊ルート
 渓流部の登り

河原坊ルート
 森林限界付近の登り

河原坊ルート
御座走りの急登

河原坊ルート
打  岩

河原坊ルート
小田越ルートを望む

早池峰山頂
早池峰神社奥宮

小田越ルート
五合目御金蔵 

小田越ルート
 御金蔵下部の下り

小田越ルート
森林限界付近の巨石

小田越ルート
 森林部の木道

小田越登山口


  

inserted by FC2 system