平成16年11月21日(日) 晴
相馬山・無名峰・三峰ツ山 1411m/1236m/1315m

【 ル ー ト 】

 松の沢グラウンド駐車場(8:50)→(ゆうすげ原)→(14)スルス峠(12)相馬山分岐(赤鳥居)(17)相馬山→(16)相馬山分岐→(9)スルス峠→(4)磨墨岩→(17)車道→(5)無名峰分岐→(10)無名峰→(8)無名峰分岐→(11)三ツ峰山分岐→(14)三ツ峰山→(15)三ツ峰山分岐→(9)無名峰分岐→(7)車道→(ゆうすげ原)→(7)駐車場(13:48)

 歩行時間:2時間55分、駐車場:松の沢グラウンド駐車場35台程度(無料)、WCなし

【 メ ン バ ー 】

単       独


 今回は裏山的な榛名という事で、自宅をノンビリと出発したこともあり、「松の沢グラウンド駐車場」に8時35分頃に到着した。1台既に駐車されている。すぐに仕度し8時50分には歩き始める。
 
コースは、沼ノ原の木道(写真 砲鯆未辰橡疔(スルス)峠に向う。木道は所々霜が付いて白っぽいが、滑るようなことはなかった。また、周りは立ち枯れたススキや大葉擬帽子が、雪が積もるまでは頑張っている感じである。原から峠ヘ向かう登りは、霜で濡れた笹で冷たい。尾根上の「関東ふれあいの道」に出るとスルス峠は直ぐである。スルス峠からは、緩い登りとなり木製や木段、コンクリート製の階段と色とりどりである。最近は積雪時に登っているため、こんなに整備されていたのは忘れていた。
 
ヤセオネ分岐の相馬山への登り口には、赤鳥居があり「相馬山」の扁額が掲げられている。ここからが岩場・クサリ・ハジゴが連続する急な登りが頂上直前まで続く。岩は少し湿っていて滑りに注意する必要があるが、冬場の凍結に比べればまったく問題ない。鳥居からすぐの所にクサリ場、そして鉄バシゴが続き、駆け上がると後は問題となる場所はほぼ見当らない。
 山頂にでは既に家族連れの4人が食事していた。ほぼ同時間に榛東村から登る本道を登って来た方がおり、そして「黒髪山神社」でお勤めを始めた。榛東村の「黒髪神社」の関係者かもしれない。この後、途中で追い越した御夫婦も登って来たので引き返すことにする。ハシゴ箇所で20人の団体さんとすれ違うが、赤鳥居まではあっという間である。そのままスルス峠・磨墨岩も通り過ぎると、何か赤い物が見え、近付くと山躑躅の花であった。その後もう1株花を付けているものがあったが、今年は異常気候なのか?
 
県道28号を渡り七曲峠方向に進むが、昔逆方向で歩いた事がある。道を西側に進むと直ぐに90°南に屈折している。ここから木段の道になり、登り切ると切り払われた明るい尾根に飛び出る。ここにはベンチと標識が設置されている。道は整備された木製階段を西に進ことになるが、東側も笹が広く切り払われていて、登って見たくなったので、寄り道することする。切り払われた斜面(写真◆砲鯏个辰胴圓と、細くはあるが道らしき後がある。途中で南側に道が直角に曲り、ほんの少し進むと疎らな低木の中の道に変わる。しかし歩かれている後があり、枝が煩く感じられる様になると、頂は直ぐであった。南北に細長い頂上には、山名標識らしい板が落ちていたが、ほとんど判読できない。…が、最近書き込まれたと思われ、正しいのかどうか不明だが「幸福山?」鉛筆書きされていた。
 
この無名峰からは、相馬山(写真)〜榛名富士(写真ぁ法疏殄凜岳までが良く見える。そして沼ノ原〜榛名湖も手に取るように見渡せる。パノラマを楽しんでいると、上空をパラグライダー(写真ァ砲波行して楽しんでいる人がいた。丁度、お昼時のこともあり、この頂で昼食も済ませて、小春日和の穏やかな陽射しで1時間10分程ノンビリ過ごした後引き返す。
 
ベンチと標識のあった分岐から、最後の目的地「三峰ヶ山」に向う。尾根上に整備した一直線の階段(写真Α砲魄戝福△修靴篤鹵覆鯏个蠕擇襪隼以への分岐だ。昔は標識等無かったが、今回しっかりと指導標が設置されている。笹の深い道(写真А砲魏爾辰討い、鞍部から自然林帯の中の道に変わり、一気に登り詰めることになる。かなり苦しく辛く感じた頃に頂上に連なる尾根に飛び出た。緩い尾根を登っていくと直ぐ頂上(写真─砲任△襦D詐紊蓮∪倔があり小さな山名板が木に掛けられているが、見通しはほとんどない。少し休憩後戻る準備をしていると、高齢の登山者が登って来た。
 彼は相馬山へ向う道だと思って登って来たようである。相馬山へは分岐まで引き返して東側へ進むしかないと教えて、県道28号までは同行することにした。彼は分岐から東側の階段が榛名湖側へ下ってしまうと思い、三峰ヶ山への道に入り込んだらしい。彼とは県道で別れ、沼ノ原を通り駐車場(写真)に帰った。

ル ー ト 上 の 風 景

沼ノ原

無名峰への道

相馬山

榛名富士

‐促慮兇量敍

¬橘省への道

L橘省から相馬山

ぬ橘省から
榛名富士

パラグライダー

三ツ峰への道

笹の覆路

三峰ツ山頂

ゥ僖薀哀薀ぅ澄

三峰ツ山への階段路

Щ以ツ山へ笹路

┿以ツ山頂

駐車場

松の沢駐車場


              ***Botanical Garden から転載***


  

inserted by FC2 system