平成16年7月31日(土)−8月1日(日)

 雨/快晴 
間ノ岳・中白根山・北岳 3189m/3055m/3192m

【 ル ー ト 】

 7月30日:自宅(19:30)(内山峠)⇒甲府市内(23:10)⇒芦安市営無料駐車場(0:50)車中泊

 7月31日:芦安市営無料駐車場(5:34)(山梨交通)(6:35),広河原(7:00)(5)広河原山荘→(20)大樺沢・御池小屋分岐→(110)二俣→(左俣コース)(92)八本歯ノコル→()北岳山頂分岐→(44)市営北岳山荘(13:23)泊

 8月1日:市営北岳山荘(6:00)(32)中白根山頂→(45)間ノ岳山頂→(42)中白根山→(26)北岳山荘→(52)北岳山頂→(15)両俣小屋分岐→(11)肩ノ小屋→(17)小太郎尾根分岐→(11)右俣コース分岐→(草スベリ)(58)白根御池小屋→(92)大樺沢・御池小屋分岐→(20)広河原山荘→(5)広河原(15:20)(16:15)(山梨交通)⇒芦安駐車場(17:05),(17:30)⇒(内山峠)⇒自宅(21:45)

 7月31日 歩行時間:4時間31分、山と高原地図41:4時間45分、駐車場:芦安市営無料駐車場:513台WCあり、山梨交通:芦安駐車場〜広河原間片道1170円、市営北岳山荘:1泊2食付き7700円(1反緻砧糎魎昂付き)・昼食代1100円

 8月1日 歩行時間:7時間6分、山と高原地図41:8時間40分、夜叉神峠登山口駐車場100台(混雑する)、三角点:間ノ岳三等「相ノ岳」・北岳三等「白根岳」

【 メ ン バ ー 】

4人(フー・コシクン・オザヤン・ジュンぺ)


30日:
 
19時半に自宅を出発する。いつものことであるが経費節減のため一般道で長野県に出、南下する。八ヶ岳・清里付近を通過し、甲府市内には23時過ぎに到着する。甲府市内で「コシクン」を拾い、南アルプス市の芦安無料駐車場を目指す。芦安駐車場は分かりにくいが深夜に係わらず警備員が随所にはりついて指示してくれ、無事に第一駐車場に入ることができた。車が十数台駐車されている。時間は午前1時で、5時まで仮眠をとることとした。
 ( 登山口である広河原は、道路が災害により通行止めになって以来、最近ようやく開通となったが、マイカー規制を実施しており、バス・タクシーでしか入ることができない状況となっている。)

 31日:
 
5時過ぎに目を覚まし、バスに乗り込む準備をする。バスの発着所は、駐車場の隣で、始発のバスがすでに待機している。ザックを背負い発着場に向かう途中で、「オザヤン・ジュンぺ」の二人と合流でき、今回のメンバー4人が勢揃いする。バスは料金が片道1170円でノンストップで広河原に向かう。

夜叉神峠に5時55分到着するが、ゲートが6時に解放するため5分ほど停車する。夜叉神峠には30台ほど駐車できるスペースがあり、この日は一般者に解放していたようである。(通常は不明)6時にゲートが開放され、細い道をバスは進む。途中所々に滝が流れ落ち、また法面処理工事の済んでいないところも多々残っている状態である。バスは山深い谷を進んでいくが、広々とした谷間の出ると、そこは広河原であった。広河原は、北沢峠までの村営マイクロバスの発着基地にもなっており、ここでマイクロに乗り換える人もかなりいた。

この日は動きの遅い台風10号の余波で、雨が強く降ったり、小雨になったりと、目まぐるしく変化する天候となりレインウェアーを着込みながら、今回の山歩きがどうなることやらと一抹の不安もよぎってくる。7時に4人そろって元気良く出発する。北沢峠へのゲートをすり抜け、野呂川に架かる鋼製の吊り橋を渡る。鋼製のためか揺れはほとんど気になることはない。渡った先に広河原山荘があり、ここに登山者カードが置かれていた。必要事項を記入するため山荘に入ると、山荘のオヤジらしきものがえらい剣幕で「登山者カードは外で書け」と罵るようにわめく。我々のような登山者やハイカーで成り立っている山荘の者とは思えない言い方である。

少し気分を害しながら、大樺沢・白根お池の分岐を目指し樹林帯の中の道を歩き始める。道は、雨のため少しぬかるむが、難儀するほどではない。オザヤンが先頭で少し早めのペースで歩を進めていく。長丁場を考えるとペース配分的に問題があるので、少しゆっくり目で歩くように注意する。20分程度で分岐に到着し、大樺沢ルートにコースをとる。

大樺沢ルートは、沢沿いに登り上げていくが、ここの所の雨のためか沢の水量が多く、歩く所も雨水が流れている状態であった。また、沢内は樹木がないことから強風が振り下って来て、まるで我々が登ることを拒んでいるようである。沢の横断を何度か繰り返しながら、岩だらけの道を登って行くが、途中進行方向が判り難い箇所もあり、指示標を見失わないように注意を要する。二俣近くの沢には雪渓も多く残っており、天気さえ良ければ最高の景色であろう。

二俣からは、登りがさらにきつくなってくる。このあたりで、「オザヤン」の脚に異常が発生し、登るスピードを落とす必要が生じてきた。ここが我慢のしどころで、ゆっくりであるが前進する。八本歯ノコルの直前は急登であるが、天気が良ければ北岳バットレスが圧倒する迫力でせまってくるはずである。

八本歯ノコルからは、ハシゴ等が随所に設置されており、本ルート中最大の難関部である。ここで「ジュンペ」が脚をつるアクシデントに見まわれるが、何とかおさまる。相変わらず降ったり止んだりの雨の中、強風が吹き抜け肌寒い。北岳山頂と北岳山荘への分岐に着くと、先行者が一人いたので山荘方面の道を確認して、一休み後山荘に向け歩き出す。ここから道は、緩い下りで一部桟道状の部分もある。また、道沿いは花畑で、疲れている体を癒してくれる。

かなり進んだところで雲っていたこともあり、正しい道を進んでいるのか不安になってきた。その時一瞬雲が切れ北岳山荘が目の前に見え、途端に足が軽くなる。13時半頃に北岳山荘ヘ到着する。宿泊の手続き後、6人が泊めれる中二階の室名「中白峰」に落ち着く。

 前日からの睡眠不足がたたり、2時間ぐらい仮眠を取る。目覚めると「コシクン」が焼酎を飲んでいて、食事までの間一緒に飲む。食事は二回目の班で17時50分からであった。美味しく頂くことができた。18時50分からの天気予報では、明日の午後、雷雨となるようであった。相変わらず風が強いなか、明日天気になる事を祈りながら20時には眠りについた。

 1日
 朝食が5時からのため4時半に起床するが、外はまだ薄暗いように感じる。朝食を取っている時、外が明るく感じた事から、食後外にでると、下には雲海が広がり空は真っ青な快晴となっている。逆光で黒っぽい富士がぽっかり雲中から突出している。天候次第では諦めようとしていた間ノ岳へもでかけることにする。

 山荘に戻り出発の準備し小屋にザックを預かってもらい、サブザックを持って小屋をでる。前日、脚の具合が悪かった「オザヤン」が間ノ岳には行かず、山荘で待っていることにする。6時に山荘を出発する。

 山荘から稜線に出ると、右側(北西)に雲中から顔を出す仙丈ヶ岳がクッキリと見えている。進行方向には、中白根山が緩やかな山体を見せており、すでにかなりの登山者が登って行っている。こちらの登山道の周りも、色々な花々が満開である。身軽さもてつだって足どりも軽く、先行者を追抜きながら中白根に30分程度で到着する。出発した山荘が小さく見え、その先に北岳がドッカと構えている。また、ここでようやく間ノ岳が全貌を現すが、まだまだ遠方である。

 ここから間ノ岳間で、イブキトラノオ・イワツメクサ・エゾシオガマ・コゴメグサ・トウヤクリンドウ・ミネウスユキソウ・ミヤマカラマツ・ミヤマシシウド・イワオウギ・イワベンケイ・ウサギグサ・シナノオトギリ・シナノキンバイ・ミヤマアキノキリンソウ・チシマギキョウ等の花々が見られる。大きなアップダウンはないが、岩場や少しガレた場所もある。しかし全体的には楽に歩けるルートである。

 山荘から1時間と15分で日本第4位の高峰である間ノ岳山頂に到着する。北岳はともかく、白峰三山の一峰である農鳥山も、また、仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山がクッキリである。のんびり一休みしていると、団体さんが到着し騒がしくなるが、内一人が百名山を達成したようで、皆にお祝の言葉をかけられていた。

 山荘まで引き返す途中、雷鳥の親鳥と3羽の雛を見掛けることができた。北岳付近は、激減していると書かれていたので、超ラッキーである。花の写真を撮りながらゆっくり山荘にたどり着く。山荘では、「オザヤン」がベンチに掛けながらノンビリ待っていた。

 山荘から北岳へは、脚の調子のすぐれない「オザヤン」が先行して出発し、続いて「ジュンペ」が迂回ルート経由で出発、そして「コシクン」と私は、直登するルートを選定し、最後に出発する。ここからザックを背負っての歩きになり、急に足腰に効いて、結構辛い登りとなった。

 日本第2位の高峰の北岳山頂は結構広く、地蔵と三角点石柱が並んで立っている。北岳の標識の柱が縦に亀裂が入っているが、最近の落雷で割れたものらしい。周辺は雲海の中から高い山々が自己主張している。山頂のベンチに腰掛け景色を楽しみながら、山荘で作っていただいたお昼弁当を食する。すしめしでサッパリしていて大変美味しい。

 山頂からは、少しガレている急な下りを降ると両俣小屋への分岐である。ただこの日は、沢が増水で渡れないので下らないようにと北岳山荘の方が注意していたのを思いだす。分岐から屋根に布団・毛布を乾している肩の小屋へは15分で到着する。小屋前のベンチに沢山の登山者が休憩して、我々もベンチで一休憩させてもらった。この時点でかなり暑いこともあり、ここから「コシクン」が上半身裸で下るらしい。

 小太郎尾根分岐を過ぎ、草スベリのルートに入る。笹原の中に白山風露・丸葉岳蕗・ヤナギラン等が目立つように咲いている。一瞬だが広河原のアルプスプラザの赤い屋根が見える。快適な下りであるが、足元がガレて滑り易いので注意が必要である。テン場となっている白根お池が見えると小屋はすぐである。小屋の宿泊棟は二棟のプレハブ建てであった。

 御池小屋からは、樹林帯の中の長い道程が待っていった。道脇には蟹蝙蝠が所狭しと咲いている。ここが最後の最後に脚に応えるきつい歩きになる。また、この時間でもまだ登ってくるが、今日は御池小屋泊まりであろうか。…と考えながら下っていると、何時しか大樺沢ヘの分岐に到着する。ここから広河原へは直ぐである。

 広河原の吊橋を渡り、アルペンプラザに15時20分に到着する。16時15分発の芦安市営駐車場行きのバスに乗り、駐車場に17時10分に到着する。17時30分に駐車場を出発し、自宅に22時前に着く。本当に疲れた3日であった。 


ル ー ト 上 の 風 景


              ***Botanical Garden から転載***


  

inserted by FC2 system