平成16年12月24日(金) 晴
五老峰(黒滝山・観音岩)・月形山(断念) 870m/899m

【 ル ー ト 】

 第2駐車場(10:28)(10)黒瀧山不動寺→(4)上底瀬・観音岩分岐→(24)見晴岩(御岳岩)→(5)九十九谷・観音岩分岐→(6)五老峰(黒滝山・観音岩)→(15)鷹ノ巣岩・下底瀬分岐→(6)鷹ノ巣岩→(21)焼山峠・下底瀬分岐→(18)峠途中→(10)下底瀬→(21)上底瀬→(13)林道分岐→(8)荒船・不動寺分岐→(8)不動寺→(11)駐車場(14:53)

 歩行時間:3時間、駐車場:黒滝第2駐車場10台程度(無料)WC有り

【 メ ン バ ー 】

単       独


  今回は、「月形山(富士浅間山)」に登ること第一目標で出かけたが、欲張り「黒滝山」から歩き始めたため、時間的制約で月形山は次回にすることになってしまった。黒滝山は、1998年3月に続く2度目の歩きになった。黒滝山の第2駐車場から第1駐車場間の道が凍っていたので、第2Pに駐車し10時半に歩き始めた。
  不動寺まで車道歩きであるが、周辺の立木が伐採されている。ガケ崩れがおき治山工事が行われているみたいである。「不動寺」は、1675年に開山した黄檗宗黒滝(潮音)派の本山で、由緒ある名刹である。参拝者の宿泊施設の奥に山道への登り口があった。杉林の中の階段整備された道を登っていくと、途中キャンプ施設が整備されていた。ここから一登りで「左六車・右荒船山」の標識のある林道にでる。荒船側に向うと『トヤ山』に行ける筈である。左に進むと直ぐに「馬ノ背への分岐」となる。
  馬ノ背側ヘ痩せ尾根を進むと、ほぼ直のハシゴが進入を拒む様にあり、ここから難所の連続となる。馬ノ背(写真 砲巴里蕕挫里蕕困里Δ舛帽眦戮魏圓い任い襦F饅蠅鯆未蠅海珪し進むと見晴台への分岐になり、数分で岩場に到着する。「見晴岩」は、別名『御岳岩』と云われるらしいが、来て見ると御岳大神が祀られているので納得する。岩場は手掛かりが少なく登るのに苦労する。登ったのはよいが下るのに苦労してしまった。
  見晴から分岐に引き返し、五老峰(観音岩)に向う。道は見晴岩を巻いて進んでいる。アップダウンを数回繰返すと、「五老峰と九十九谷」への分岐にでる。ここから少々登ると、ポーラスな一枚岩に見える岩体が待ち受けている。この岩体を登ると観音像1体と石祠2基が置かれている「五老峰頂上(写真◆法廚任△襦D詐紊らは、西上州の特徴ある山々が一望できる。北から時計周りに妙義山(写真)・鹿岳(写真)・四ツ又山(写真)・大岩・碧岩(写真)・大屋山?(写真)・高岩(写真亜etc(写真・)がクッキリ見える。
  ひととき眺望を楽しんだ後、鷹ノ巣岩目指し引き返す。五老峰の岩峰の下部には石仏群が置かれ、信仰の深さを改めて感じた。分岐から九十九谷を見通せる岩場の尾根を降っていく。九十九谷は紅葉時期に最高の眺めだろうと思いつつ降っていく。鷹ノ巣・九十九谷と下底瀬への分岐(コル)にでる。鷹ノ巣岩へは、さらに上底瀬への分岐を通り過ぎ少々の登りで5m四方の頂に到着する。ここで昼食を取りながら45分ノンビリ過ごす。(写真)
  鷹ノ巣岩からは沢沿いの荒れたルートを下り、作られなくなって久しい畑地が目に入って来ると焼山峠への分岐は近い。分岐から判り易い道が続き、右に左に沢を渡りながら登って行く。30分位で少し広々とした場所にでる。ここが少し道が判り難いが、良く見渡すと沢が2つに分岐した中尾根にテープが続いていて、そこで一休みする。ここから峠まで20分・峠から月形山までは60分で往復2時間半程度で、行程的にこの季節日没が早いので歩き通すことが難しいと判断し引き返すことにした。
  分岐に戻り、山あいの畑地(写真ぁ砲涼罎鮨覆燹降り返れば切立った鷹ノ巣岩(写真ァ砲僕曚当たり輝いている。集落が近付き、下底瀬の集会所の登り口に出た。ここから村道住吉線を遡って行く。周りに奇峰奇岩(写真ΝА砲転々としている。上底瀬集落に入ると、前には無かった登山者用の駐車スペースが整備されていた。集落から林道を上っていくが、馬ノ背の補助柵が見えている。コンクリート打ちの分岐道の方に進むと、道の整備を行っているらしく、雨の日はグシャグシャになりそうな道である。登り切ると馬ノ背への分岐にである。ここからは登った時の道を引き返す。良く見ると不動寺の本堂(写真─砲牢篳匹硫爾砲△觧が改めてわかった。 


ル ー ト 上 の 風 景

’魯稜

五老峰頂

B襯料禊笋ら
見た五老峰

ぅ襦璽半
山あいの段々畑

ヂ襯料禊

Σ篠貔ソ戸遒
無名峰

Ф綵酋綯

不動寺本堂

五老峰から見た
妙義山

五老峰から見た
鹿岳(カナタ゛ケ)

五老峰から見た
四ツ又山(下仁田富士)

五老峰から
派生する稜線

五老峰から見た
月形山(富士浅間山)

五老峰から見た
大岩・碧岩

五老峰から見た
大屋山?

宛渭景から見た
高岩方面


              ***Botanical Garden から転載***


  

inserted by FC2 system